blog
ブログ

自動運転で事故を起こした場合の責任

こんにちわ!

遠藤損害保険事務所 帯広支店です。

 

 

_____________________________
レベル0       運転手がすべて操作
_____________________________
_____________________________
レベル1   ブレーキや車線維持など前後・左右のいずれかの制御     をシステムが支援
_____________________________
_____________________________
レベル2   前後・左右の制御をシステムが支援
_____________________________
_____________________________
レベル3       一定条件でシステムが自動運転。緊急時はドライバーが運転
_____________________________
_____________________________
レベル4       一転条件でシステムが自動運転。ドライバーの対応は期待されず。
_____________________________
_____________________________
レベル5       すべての場面でシステムが自動運転
_____________________________

 

レベル32年後にも実用化する見通しで、迅速な検討が必要となる。

その中でドライバーの関心が集まる、走行中に運転以外の行為をどこまで認めるか。
レベル3での走行中にスマートフォンの操作テレビ視聴読書を認めるか、あるいは事故を起こした場合に誰が責任をとるかなど議論は多そうです。
レベル3の状態だとシステムが自動運転をしてくれますが、緊急時にはドライバーが操作しなければなりません。
事故やトラブル時の責任問題では「本来の使い方に従っていれば、使用者は責任を問われない」とする意見が多いようです。

自動運転の場合でも使用車に責任が発生することはありえる話のようです。

            

 

 

 


有限会社 遠藤損害保険事務所

帯広の保険

足寄の保険

十勝で保険のことならお任せください。

ご意見、ご相談、お待ちしております。

LINEでも受け付けておりますのでお気軽にご相談ください。

(連絡先、LINE等はホームページ最下部に記載されております

(LINEの友達追加のやり方がわからない場合はお電話にてご案内致します


 

当社の過去のブログについてはこちらをクリック!

遠藤損害保険事務所のブログ