blog
ブログ

北海道胆振東部地震で使える保険とは!

 

こんにちは!

遠藤損害保険事務所 帯広支店です。

 

 

北海道の地震で地震に対する保険

検討中の方がたくさんいると思います。

 

そこで「どんな保険があるのか分からない」

という方へ、大まかに説明させていただきたいと思います。

 

 

当社の他のページについてはこちら!

その他のご紹介

 

 

地震の保険って?

 

地震の保険とはいっても、地震保険は家だけではありません。

家(火災保険)はもちろん、自動車(自動車保険)投資用ソーラーパネルなどにも地震保険をかけることができます。

近年の地震の多さなどから地域別に地震保険料も高くなってきている傾向もあります。

ただし、地震が多くて保険料が上がる地域もあれば、地震が少なくて下がる地域もあります。

地震保険は安いものではありません。

しかし、巨大地震がいつきてもおかしくないこの現状。

地震保険はどのようなものがあるか

自分の保険は適切な状況なのか

再確認する必要があるかもしれません。

 

まずは地震保険はどのようなものがあるか確認してみましょう。

 

 

自動車の地震保険はどんなもの?

 

地震で車が損傷した場合、保険はどうなるのか

 

車両保険に加入している場合

一般条件    → 補償されません

車対車限定   → 補償されません

 

実は地震に関しての場合

ほとんどが一般の車両保険に付帯することができる

地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約

という特約を付けていないと補償されません。

 

ここで注意して頂きたいのが

全損となった場合のみ補償されるという点です。

50万円の一時金の支払いになります。

(車両保険の保険金額が50万円未満の場合は、その金額をお支払い)

 

 

● 地震・噴火・津波危険車両全損一時金特約

こちらはどのような場合に付帯できる特約なのか見ていきましょう。

 

一般条件+特約保険会社が定める全損扱い時に一時金がでます

 

車対車限定    特約を付帯できません。

 

ということになります。

 

次にどのような場合に補償を受けられる特約なのか。

全損ではなくても、地震や津波で一部分に損傷があった場合はどうなるのでしょうか。

 

地震や津波でボディーの一部に損傷があった場合などはどうなるのか。

ごく一部の保険会社では修理費用が補償されるところもあるかもしれません。

残念ながら基本的には補償の対象外となってしまいます。

 

自動車保険では地震や津波を想定した補償が多くありません。

災害が多くなっている現状では需要は高くなってきている補償かと思います。

水災や台風は補償対象となりますが、地震や津波に対する補償は手厚くないのが現状です。。

 

 

 

家の保険(火災保険)ではどうなの?

自動車保険の地震はあまり手厚い印象がなかったかと思います。

全ての保険が地震に手厚くないわけではありません。

保険の種類によっては地震に手厚いものもあります

 

家の保険(火災保険)ではどのような補償があり、どんな時に補償されるのでしょうか。

下記をご覧ください。

 

 保険プラン      補償の有無

建物の火災保険のみ → 補償されません

 

家財の火災保険のみ → 補償されません

 

 

上記のように建物や家財の火災保険のみだと補償の対象外となります。

ただし、火災保険に地震補償をつけることができます。

 

ここで表記する火災保険とは主に下記を補償を示します。

1.火災

2.落雷・破裂・爆発

3.風災・ひょう災・雪災

4.水災

5.建物外部からの物体の落下、飛来、衝突

6.水濡れ

7.騒じょう、労働争議に伴う暴力行為、破壊行為

8.盗難

9.不測かつ突発的な事故(破損・汚損)

※プランによって1~9までの範囲が異なりますのでご確認ください。

 

それでは火災保険に地震補償を付帯するとどうなるのでしょうか。

 

   保険プラン         補償の有無

建物の火災保険+地震保険 → 建物のみ地震でも補償されます

 

家財の火災保険+地震保険 → 家財のみ地震でも補償されます

 

 

建物の火災保険+地震保険

家財の火災保険+地震保険 → 建物+家財が地震でも補償されます

 

火災保険をかけていても建物・家財のそれぞれに地震補償を付帯する必要があります。

家財だけ。建物だけ。という付帯のやり方もありますので保険料と見合わせて検討するのが良いかと思います。

 

 

地震補償のお支払金額はこのようになっています。

※画像をクリックで拡大されます

お支払い金額についてはこちら

 

 

”地震保険だけ契約可能?”

一部の保険会社には有りますが

ほとんどの保険会社では、単品で加入することができません。

 

 

 

地震保険は火災保険の50%までしか補償されない!?

 

地震保険は通常だと火災保険の金額の50%までが上限となっております。

つまり建物の火災保険で補償を2000万円までとすると地震補償は50%の1000万円が上限となります。

しかし、実際に地震で建物が壊れてしまった場合に再建築をしようとすると1000万円までしか保険金がもらえないため足りない可能性があります。

やっぱり自動車保険と同じで地震に対する補償は手厚くないの?

多くの方はそう思うかと思います。

 

実は火災保険の地震補償には保険金額の100%まで補償できる特約があり、一部の代理店では取り扱いが可能です。

詳しくは下記のページにてご説明しておりますのでご覧ください。

 

地震危険等上乗せ特約 (損保ジャパン)|Web申込可能

※こちらをクリック・タッチすると専用ページに移動します。

※ネット申込・Web申込ができないケースもございます。

 

 

弊社では地震危険等上乗せ特約を付帯した100%まで補償されるプランのお見積りを作成致します。

ご相談・お見積り・お申込みはLINEよりご案内可能となっております。

※ご契約内容によってはお引き受けできないケースもございますのでご了承ください。

 

 

Webお見積り・ご相談はこちら!

LINE、メールアドレスよりご連絡を頂ける方限定となります。

 (災害時の連絡手段として有効です)

 

現在、弊社で火災保険のご契約の方

すぐにお見積りを作成することができます。

 

現在、他社で火災保険をご契約の方

現在かけられている火災保険の証券の添付をお願い致します。

お見積りに必要な情報が記載されております。

基本的に即日お見積り可能です。

※数日お時間をいただく可能性もございます。

 

 

LINEでお問い合わせ

※クリック・タッチするとLINEへ移動します。

 

メールでお問い合わせ

・endousonpo@gmail.com

 

北海道で保険をお探しの方はもちろん

北海道以外で保険をお探しの方でもぜひご相談ください。

 

太陽光発電システム(ソーラーパネル)の保険

 

・休業損害保険

 

ソーラーパネルが止まってしまった場合の利益損害に対する補償となります。

 

 

・企業総合保険

 

事業として太陽光発電システムを持っている場合におすすめです。

パネル本体やそれに付属する設備に損傷が起きた場合の補償など。

一般的な補償範囲は下記となります。

 

①火災、落雷、破裂、爆発

②風災・雹災・雪災

③水災

④電気的・機械的事故

⑤車両・航空機の衝突

⑥給排水設備の事故による水濡れ

⑦騒じょう・労働争議

⑧外部からの物体の落下、飛来等

⑨盗難

⑩上記以外の事故

 

こちらの内容に地震やそれに起因する津波の補償を付帯することも可能です。

 

 

 

 

 

・火災保険

 

住宅にソーラーパネルを設置している場合。

パネル本体やそれに付属する設備に損傷が起きた場合の補償となります。

電気的・機械的補償特約を付けることで補償範囲が広がります。

 

 

 


有限会社 遠藤損害保険事務所

 

帯広市や足寄町で”定額カーリース”をお探しなら遠藤損害保険事務所で!

全車種・全メーカーを取り扱っているため、写真や料金を見ながら選べます!

取扱いリース商品:SOMPOで乗ーる

 

保険のことならお任せください。

全国どこでもご相談いただけますので

まずはご相談ください。

帯広支店:0155-28-3327

LINEでも受け付けておりますのでお気軽に

ご連絡ください。

 

帯広で保険を探すなら

帯広で保険探しなら! 保険各種を扱っている遠藤損害保険事務所へ!

 

足寄で保険を探すなら

帯広 保険  自分にあったおすすめプランを知りたい方はまずはご相談ください! 弊社ならではのLINEで相談やメールで相談も受け付けています! 話すことが苦手な方のためにお客様にあったご案内方法を探します!

 

 

中古車買取|廃車買取|事故車買取|高額買取はお任せください!|ネット申込可能!

 

クレジットカード付帯の海外旅行保険では足りない!|それはなぜ?

 

自転車保険ならここ!1年間の保険料は?|加入義務の地域一覧はこちら

Archive